針治療の特徴と乳酸菌の活用

 今、針治療を考えている人がいると思います。あなたは、ご存知かもしれませんが、針治療はその名の通りで、針を体にさして治療するものとして知られています。その効果は、血行を良くすることでもたらされます。(笑顔)

針治療を行うことで、体の中の針を刺しますので、その部分を傷めることになります。傷めた部分を修復しようとします。体の機能が血行を良くします。それによって肩こり、腰痛、筋肉疲労などが回復します。そんなメカニズムになっています。針治療は、東洋医学の流れになりますが、様々な流派があります。その為、実際に針治療を受けようと考える時は、どの医院に行くかを考えておかなければいけませんね。

針治療で体の調子がよくなると感じている人は多いようですね。(汗)それで治療をした当日より2日~3日後に効果を感じている人の方が多いようですね。実際にそのように言われています。それは先ほど述べた体の傷を修復するのに、体の血行が良くなります。

針治療を行う時は、患者本人の体の調子を確認します。それにより、どの部分に刺激を与えれば良いのかを決めます。また、針の長さは長いですよね。あなたも針治療をしてみてはどうでしょう!?(笑顔)。

お腹が便でパンパンになってしまった事って産まれてから死ぬまでに必ず一度は体験したことのある方ばかりだと思います。

私もその一人で、大変な時は一週間便通が改善しないこともあります。

お通じの改善に役立つ薬もありますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖を摂取しています。

効き方が穏やかなのが安心ですね。

最近の研究成果でインフルエンザの予防には乳酸菌は効果が高いということが分かり始めてきました。

というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。

ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力というものが向上して、インフルエンザを予防してくれたり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。

インフルエンザは風邪とは異なるもの耳にします。

症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、急激な高熱となって、3日から7日程度それが続きます。

タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。

でも、肺炎を併発したり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、恐ろしくもある感染症です。

一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品等です。

ひどい便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態に到達しています。

この状態を改善して、軟らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、まずは腸内を改善するのが良いでしょう。

先天性のアトピー性皮膚炎を抱えており、幼い頃は、「虐待でもされてる?」と心配される程、痛ましい見た目でした。

ありったけの方法を試してみても、全く効果が得られなかったのに、家を住み替えたところ、直ちに肌がきれいになり、我慢できない痒みもなくなりました。

いっそ環境を変えてしまうのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。

ツボで便秘に効果があると有名な、おへそから両側に指2本分程離れた場所で天枢(てんすう)です。

また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。

便秘のタイプそれぞれによっても、効くツボが違うので、ピッタリのツボを押すと改善が見られやすいでしょう。

運動不足は筋肉の衰退していくだけでなく、体の不調にも関係してきます。

中でも女性に多い症状としては便が腸にたまってしまうことです。

これを解消を試みようと、通勤時にエスカレーターの代わりに階段を使ったり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが推薦します。

後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2度はウォーキングしたり、なにか動をして体を動かした方がいいと思います。

実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効くといわれています。

約1年前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組を見たことがあります。

私の子供が受験の時期だったので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが特に効果があるそうです。

乳酸菌には多数の健康作用がありますが、特に整腸作用に効き目があるということです。

腸内善玉菌を増殖させることで腸の活動が活発になり体の中に停滞していた便が排泄されやすくなります。

その為、便秘や下痢が緩和されます。

日々、乳酸菌を取り入れることで整腸の効果が高まりますので、続けてくださいね。

便秘を改善するのに効果的なものは、乳酸菌が摂取できるサプリです。

自分自身腸内環境を整えることの大切さはわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料などに苦手意識がある人も大勢います。

それに、毎日のように乳酸菌が含まれる食品をとるのは大変苦労します。

サプリメントなら、お手軽かつ確実に乳酸菌を摂取することができますので、便秘が改善することになります。

もし、インフルエンザと診断されたら、最初に栄養だけでもしっかりと摂るために食事を抜いてはなりません。

薬も大切ですが、栄養を体内に補給することも大事です。

早急にインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。

例え丸一日、食欲がなくても、消化しやすく栄養があるものをできるだけ摂るようにしてくださいね。

決められたものがあるわけではないのです。

目安の量と回数は商品パッケージを見れば、指示が書いてあるところがありますから、それが参考になるでしょう。

1日の摂取量を一度 でまとめて摂る場合より、決まった回数に分けた方が身体のすみずみまで届くということから仮に便秘になっても、薬があれば簡単に、対策はできるとは思いますが、薬頼みになるのはよくないので、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。

特に食物繊維を多く含む食品を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。

野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。

一般的な乳製品以外にも、乳酸菌を含有した食品があると知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ探してみたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。

みなさんはこの事を知ってましたか?私は30年以上生きてきて、生まれて初めて知った事実です。

私には乳酸菌サプリと言えば、やはりビオフェルミンです。

まだまだ子供だった頃から市販されていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、たえず私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、やはりビオフェルミンなのです。

関連ページ